32.「イメルダ夫人」と呼ばれていた池田香峯子の場合

 子育てを卒業する頃に夫婦関係が逆転し、女房の発言権が強まることは、どこの家庭でもありがちだが、池田家にあっては、この時期と夫のスキャンダル露呈とが重なった。

暴君亭主に対し、耐えに耐えてきた貞淑妻の忍耐が限界に達したのだろう。

が、今さら夫の不貞、乱行を責めても、詮ないことである。

 香峯子はその怒りを亭主に向けず、学会組織に発散させた。「創価学会の女帝・イメルダ夫人」の登場である。「先生」に加えて「奥様」が君臨するようになった。世間感覚の先生、奥様と違って、学会では「先生」「奥様」は二人とあってはならない。「先生」は名誉会長ただ一人であるのと同様に、「奥様」の称号も香峯子夫人一人だけに対し用いられる。

「奥様」は今や、女子部長、婦人部長の上に位置づけられるにとどまらず、副会長、会長を凌ぐ権威、権力をもち始めた。

 人事に口を出す程度の生易しさではない。池田一族で学会の全てを所有し、世襲制を推進しようとする点では大作以上に熱心なのが、香峯子・イメルダである。最近では表情まで権力者然とし、おとなしかった「かねちゃん」を知る人々をして、嘆き悲しませるのだ。

 夫・マルコスの国外亡命で運命が大逆転したイメルダの二の舞を、池田香峯子が踏むかどうか。長くかかっても、結論が出るだろう。

          《『スキャンダル・ウオッチング』95頁》



目次戻る