28.女子部特代に池田の世話をした北川M子の場合

M子は白雲寮の管理人をしていた。離婚後、その任を解かれた。

Mさんは、池田のゴーストライターの集団である聖教新聞社内の特別書籍にいた。野崎勲が全盛時代に集めた、いわゆる野崎コレクションの一人。

池田の講演の原稿などが主な代筆のジャンルだったが、川田洋一とともに大作の『生命を語る』などもMさんの代作。もともと関西の人間で、関西の学生部長だった。池田がわざわざ東京に呼び戻して特別書籍に入れ、野崎勲とともに学生部の二本柱にした。M子と結婚後、白雲寮の管理人となり、一時は池田家ファミリーの一員になりつつあったが、結局、離婚でオジャンになった。M子と池田のスキャンダルについては、その事実があるかどうかハッキリしない。彼女が女子部時代に池田の身辺の世話をし続けたことは確かである。

そのことと離婚は、何か関係があるかもしれない。自分のお手つき女を学会幹部にお下げ渡しして、その夫を管理人とか国会議員にして餌い殺しにする、池田のワンパターン的常套手段から逆類推すると、この二人のカップルもまた、と噂が広まっているのである。《『スキャンダル・ウオッチング』70頁》


目次戻る次へ